うっかりしていたら3月です。

年またいで製作していた、劇団太陽族さんの「大阪レ・ミゼラブル」は盛況の中無事に終演しまして、ひと月経ってしまいました。

稽古中のあれこれなど、記録しておこうと思っていたのに…

踊り作りに当たって、ちょこちょこ新しい試みをしました。

場面作りの前に、ダンスのプレクリエイション的な時間も盛り込みながら、各シーンに生かしていく稽古の流れの作り方とか。

ずっとやろうと思っていた、ハラ ノーテーションとは言い過ぎですが、かなりの量のダンスシーン(20シーン近く作った??)を記譜というか記録して(文字での記録が主ですが)資料として残したりとか。

作業に対しての自分自身の充足感の感じ方に対しては、新たな気付きもあり、充実の現場でした。

本当に鍛えていただいた。もっとうまくなりたいです。

こんなダイナミックな創作、またいつか恵まれますように。

そうしてすぐに、並行していたバレエのリハーサルもあって、なんだか遅れて疲れてしまっていたので、あっと言う間に2月が終わってしまったんです。(だから?)

疲れも癒えてくると動きたくなるもので、この辺の勘はわりと信じています。

4月半ばに少し発表する機会というか、催しものがあるので、それを理由にして踊り作りを始めています。

「un face」で活躍していただいた高瀬瑤子さんと、試したり動きをもらったり、身体の赴くままにしゃべっています。

4月後半にはPlant Mさんの「凛然グットバイ」公演です。

再演と言っていいんでしょうかね?ほぼ新作の様になるのでは。

劇団Ugly duckling最終公演での作品です。ラストシーン、がっつりデュオのダンスシーンでした。作品が2バージョンあったので、ダンスシーンも全く違うものを作りました。

女子たちばかりだと厳し〜っとののあざみさんにしょっちゅう言われてましたが、そんなことない!女子だらけだと緩んじゃうから!

こちらも今から楽しみです。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly